.d-md-none .d-lg-block ビビモット

内燃機関は遅れをとることにした – 二酸化炭素を吸収するエンジンが登場

内燃機関は遅れをとることにした – 二酸化炭素を吸収するエンジンが登場
つい最近、日本最大のメーカーであるトヨタは、バッテリー駆動の電気自動車への熱意を背景に、大規模なエンジン開発プロジェクトの立ち上げを発表した。そして今、同社は新製品を発表しました。二酸化炭素を吸収する内燃機関と言われています。


具体的には、開発者は新しい濾過システム技術を使用しました。水素エンジンを搭載しており、すでにGRカローラレーシングカーの一部としてテストされています。新しいシステムの意味は、捕捉された二酸化炭素が、作動中のモーター自体の温度のみによって液体に変換されることです。

ДВС решил задержаться – представлен двигатель, поглощающий углекислый газトヨタは環境に優しい内燃機関の開発に取り組んでいます。写真: YouTube.com

過去のテストでこのアイデアの有効性が確認されましたが、結果はまだ非常に控えめです。つまり、GR カローラがレーストラックを 20 周走行した中で、新しい「エコエンジン」が除去できた CO₂ はわずか 20 グラムでした。もちろん、1 リットルの燃料が消費されると約 0,6 kg の二酸化炭素が大気中に放出されるという事実に比べれば、これは「バケツの一滴」です。

もちろん、このシステムを水素パワートレインと組み合わせれば、カーボンネガティブなクルマとなります。トヨタをはじめとする大手自動車メーカーも同様のユニットの開発に取り組んでいる。しかし同時に同社は、ハイブリッドエンジンとガソリンエンジンの両方が長期間にわたって「現役」であり続けると確信している。

したがって、日本の自動車大手の代表者によると、新技術はガソリンで動作する内燃機関と併用してその有効性を証明する必要があるという。確かに、今のところ、実験の結果に基づくと、このようなモーターの平均を補うためには、フィルターを頻繁に交換する必要があります。そして、これは合理的でも経済的にも正当化されるものではありません。

トヨタの新技術により、二酸化炭素を吸収できます。写真: YouTube.com

したがって、明らかに、同社はこの方向に取り組み続けるでしょう。結果を改善できるかどうか、また新しいプロジェクトが量産に達するかどうかを判断するのは困難です。しかし、いずれにせよ、これがすぐに起こる可能性は低いです。

著者:

使用した写真: www.youtube.com

トヨタの新たな開発についてどう思いますか?

投票してください!

私たちは 私たちはYandex Zenにいます
水素ヨット「アクア」 夢か現実か?2022年夏シーズン向けトヨタ カローラ用タイヤ