.d-md-none .d-lg-block ビビモット

ハリコフチャンカ - 南極用のソビエト全地形万能車両

見る
ハリコフチャンカ - 南極用のソビエト全地形万能車両
南極大陸の活発な開発が始まった 1955 年に、極北の輸送手段の作成に関する作業が開始されました。 これらの目的のために、ハリコフチャンカ全地形万能車は、シンボル「製品404C」の下でハリコフ輸送工学工場で開発されました。 ベースとなったのは、優れたクロスカントリー能力を備えた重砲トラクターである ATT-T でした。


パワーユニットには550気筒ディーゼルエンジンを採用し、1000馬力を発生。 しかし、8 つのタービンにより、ピーク パフォーマンスはほぼ 3,5 頭の「馬」に達しました。 長さ 4 m、幅 8 m、高さ XNUMX m のこの全地形対応車は、船体が長方形であるため、広い室内空間が特徴です。 内部には、XNUMX 人の滞在に必要なものがすべて揃っていました。

設計上の特徴として、トランスポートには快適な温度を維持するための高性能ヒーターが装備されていました。 タンクの容量は2500リットルでした。 自重 36 トンの全地形万能車は、最大 70 トンのトレーラーを牽引することができました.クロスカントリー能力を確保するために、トラックの幅を XNUMX メートルに増やし、各トラックにはスノーフックが装備されていました。 YouTube チャンネル「Techno MaxWow」では、多くの極地探検家がソ連で最高と考える全地形万能車について詳しく説明しています。

著者:

使用写真:https://youtube.com

ハリコフチャンカ全地形万能車について知っていましたか?

投票してください!

私たちは 私たちはYandex Zenにいます
北極と南極の乗り物ソビエトの自転車はまだ使われていますか?